建物の大規模改修

建物には定期的なメンテナンスが必要です

建物は定期的なメンテナンスを行っていくことで、劣化を防いで寿命を延ばし、老朽化に伴う様々なトラブルを予防することができます。金属部の塗装や外部からの止水のためのシーリングは概ね5年程度、屋上防水や外壁塗装は概ね10年程度で劣化し始めます。新築後10~15年が大規模修繕時期の目安です。

大規模修繕工事の内容


打診検査によってタイルの浮きや剥がれを調査


浮いたタイルをはつっているところ


大きなひび割れには切り込みを入れます


シーリング剤を充填して補修


補修した上にモルタルを塗っていきます


タイルの貼り付け


排水溝の一部が欠けて鉄筋が露出


左官による補修


防水塗装を行います


バルコニー軒下のひび割れを補修しています


塗装完了状況


シーリングを打ちかえているところ

2回目の大規模改修では設備更新も検討

コンクリート躯体の寿命はきちんと修繕を行うことで60~70年は維持できると言われますが、設備の寿命は老朽化や、まだ使えていても社会のニーズに合わなくなってしまうことで、20~30年で更新期が訪れます。次の世代も安心して暮らせる建物となるよう、総合的な提案をいたします。