森信建設のご紹介(建築施工管理 志望者向け)

当社への採用にご関心がある方へ、森信建設の職場環境についてご紹介します。

会社規模と経営状況について

当社は、広島市中区に事務所を置く、総合建設業(ゼネコン)の会社です。明治24年に創業し、かつては港湾土木などの公共事業を仕事の中心としていましたが、現在はほぼ民間の建築工事のみを請け負っています。年間の売上高は概ね10億円前後で推移しており、今後も社内の施工体制を整備しながら同規模を維持していく方針です。当社は現在、施工管理技術者が6名おり、設計部門が1名、社長を含めた営業・管理部門が2名在籍しています。また、数年前より介護施設の直営をスタートしました。

請け負う工事の種類や規模

請負価格が1億~3億円規模の新築工事を毎年数件請け負い、これらが売上高の大半を占めますが、数千万円規模の住宅や倉庫・事務所、大規模修繕工事なども行っています。大型工事は、鉄筋コンクリート造の賃貸マンションが比較的多いですが、鉄骨造のクリニックや介護施設、木造住宅なども手掛け、幅広い用途や構造の工事を請け負うことが、当社の特徴です。施工技術者としてのキャリアを考えると、例えばマンション現場を何度も経験して技術を磨く職人的な技術者ではなく、当社の施工技術者は、オールマイティに幅広い知識や経験を持った施工技術者に育っていきます。

より詳しい施工実績は、下記ページをご参照ください。

工事実績

工事実績

  • 2014.10.18 update

工事現場の労働環境について

(※国土地理院地図に当社の近年における新築施工実績をプロットしたもの)

当社の施工現場は、ほとんどが広島市内です。また営業所も無いため、異動の心配もなく、会社や現場までの通勤時間があまり長くない点は、働きやすい環境であるといえます。ただし、都市部での施工が多いということは、施工計画に制約のある現場が多いということも、施工管理経験の長い方ならピンとくるかもしれません。

就業時間については多くの建設業と同じく、日曜だけが休日で、土曜・祝日は出勤の場合がほとんどです。これは業界全体で改善していかなければならない問題でもありますが、当社としても土曜休日を増やしていこうと考えています。日々の残業については、施工現場の繁忙状態にもよりますが、家族で食事を食べられる時間には十分帰宅できていると思います。

研修や教育について

当社はここ数年新卒採用を行っておらず、また毎年技術者を採用するような規模の会社でも無いため、決まった教育制度や研修制度はありません。その代わり、本人の要望に応じて資格取得や研修参加へのサポートを実施しています。また、特に若い技術者については自身のスキルアップを着実に確認できるような枠組みや、定期的なフォローアップの必要性を感じていますので、入社いただいた方と共につくり上げる気持ちで、教育の枠組みを考えていければと思います。

当社の今後の展望について

建設業界は労働環境の悪い業界体質に長く甘えてきたことで、現在は技術者の高齢化と若手人材の不足に喘いでいます。その一方で、高度経済成長期に建設されたビルが今後次々と寿命を迎え、制約の多い都市部での建替えニーズは一層増えていきます。そのような時代に向けて、会社は社員の方に、働きやすい環境を提供することを約束し、社員の方がより良い施工品質を目指せる体制を整えていく必要があります。同時に、社員の方には仕事の効率を高めていくために、新しい技術や工法にもチャレンジしていただきたいと思います。次の時代に必要とされる新しい建設会社の姿を、当社に関心を持っていただけた方と共につくっていきたいと考えています。

採用情報はこちら

建設部門:建築施工管理(正社員)

建設部門:建築施工管理(正社員)

  • 2016.04.05 update
  • 当社では、建築施工管理の技術者を随時募集しています。 新卒・第二新卒採用(新築工事施工管理) 中途採用(新築工事施工管理) 中途採用(営繕工事施工管理) 新卒・第二新卒…