沿革

1881年 (明治14年) 森信正市と森信秀之助が共同して広島市下流川町に(現鉄砲町10番1号付近)において土木建築請負業を開始

hidenosuke初代代表者:森信秀之助

1891年 (明治24年) 森信秀之助が代表者となり森信組を創設
竹屋町(現富士見町)に所在移転
第五師団、大蔵省、文部省、逓信省、広島県、広島市等の指名請負人となり、各種工事を受注
秀之助甥に当たる藤田一郎、定市(現株式会社フジタ創業者)当社事業に参画
 1913年  (大正2年) 宇和島市に森信組宇和島支店を開設(現南興建設株式会社)
鉄道工事、愛媛県・高知県の港湾土木工事を施工uwajimajimusho

宇和島支店事務所

iburi-ko

以布利港築港工事

 1925年  (大正14年) 広島本店支配人に森信五夫就任

kyujimusho

広島本店 旧事務所

1951年  (昭和26年) 森信五夫 森信組代表者に就任

itsuo

森信五夫

1957年 (昭和32年) 法人組織に変更し「株式会社森信組」設立、
同時に萩原組を吸収合併
代表取締役に森信五夫就任
1966年 (昭和41年) 森信毅 代表取締役会長に就任

kyushiminkyujotoilet

旧広島市民球場トイレ増設工事

 1971年 (昭和46年) 社名を森信建設株式会社に変更
1983年 (昭和58年) 新本社屋(第二森信ビル)竣工
1991年 (平成3年) 創業100周年を迎える
企画コンサルタント会社「アーバンリファイン株式会社」設立
森信秀樹 森信建設・アーバンリファイン代表取締役社長に就任
1993年 (平成5年) 「2001アクションプラン」を策定
1998年 (平成10年) 「2001アクションプランVL2」を策定、社章変更等CI事業を実施、今日に至る
2003年 (平成15年) 広島県経営革新計画認定
2004年 (平成16年) 広島県経営革新計画変更計画承認
2011年 (平成23年) 創業120周年を迎える
介護事業部を開設
2012年 (平成24年) 認知症高齢者グループホーム なでしこ富士見町 開所
2013年 (平成25年) 認知症高齢者グループホーム なでしこ温品 開所